インナーブラン 徹底比較!

menu

インナーブラン デリケートゾーンミストの効果は?

デリケートゾーンの臭いを改善する方法で知っておくべき3つの方法

デリケートゾーンの臭いは深刻です。特に初めて彼氏が出来た女子なんかはどうしても気にするものでしょう。
むしろ、気にする方が賢い女性だと思います。

男性側からすると、何も気にしない臭いむき出しの人はさすがに引きます。
右サイドバーに男性の本音の声がありますが、人は臭いに敏感なもので、嫌いな臭いに遭遇すると
理性ではなく、本能レベルで拒否をします。
人間もあくまで動物の部分ありますから。爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳の3層とか言われますが
一番原始の爬虫類脳が反応するわけです。

対策・改善は絶対ですね。

デリケートゾーンの臭いを改善する方法

デリケートゾーンの臭いを改善する方法としては、まず自分がどのレベル、どの原因なのかを知っておく必要があります。

別記事でも書きましたように、臭いの原因は主に3つ

1、不衛生なため

2、スソワキガのため

3、洗いすぎ、スレすぎなど余計なことをしすぎなため

この3つです。

不衛生は、習慣で直せますよね。

オリモノなど、生理時はどうしてもしょうがないところはありますが、
そういったのを抜きに、普段ですが、
出来るだけ清潔な状態に保つ努力は必須です。

「ちょっとくらいは仕方ない」という不衛生を放置する習慣の場合
どうしてもアンモニアの分解などの時の臭いが高まります。

ちょい漏れ用のナプキン、2重ナプキンなど便利なものがありますので
そういうのを普段から当たり前に使うというのが必要です。

個人的おすすめは、サラサーティ製品の「コットン100 2枚重ねのめくれるシート」が最高です。
これは震災時にも「これが一番いい!」ということで話題になったものなんですが
最悪、1枚めくって新鮮な状態にリセットできるんですよね。それが本当にいざという時にも役に立ちますし
便利です。

あくまでこれは最低限のことであって、
後述しますが、いざという時は、デリケートゾーン用の専用ミストをするのが最善策です。

お風呂でも専用の弱酸性石鹸でケアするのが良いでしょう。

スソワキガの場合

スソワキガの場合は残念ながら根本治療は手術とかになってしまうので(詳しくは専門医に相談を)
その場しのぎの対策をその都度するしかありません。

普段は香水や、消臭パンツでごまかす。
本番前はデリケートゾーン用の専用ミストで処理を。

これがベストです。

改善は身体内部の問題なので、残念ながらなんらかのきっかけで体質が変わるといったことがない限り
変わりません。

ミスト使っていきましょう。

洗いすぎに注意

清潔に保つのはもちろん大切です。
しかし、中にはこすり過ぎ、などで常在菌といった、本来存在すべき、菌を分解するものもころしてしまって
かえってアンモニアや、アポクリン汗腺から出る物質がそのままになることもあります。

間違った洗い方、洗いすぎなどは気を付けましょう。
皮膚に優しい、ということを気を付ければ特に問題はないとは思います。

時々、極端な人がおりますので…。

改善策はシンプル

これらのことから改善策はシンプルなもので
お風呂で弱酸性石鹸、出来れば専用の石鹸にてきれいに洗います。

その上で、普段はインナーブランといった専用ミストで、その日の対策をしていきます。
インナーブランのように自然素材で、人工的な臭いで明らかにごまかしている、という感じにならないように気を付けましょう。

また、ひどいケースの場合は
・2枚シート
・消臭パンツ(本来はおなら用に販売されている)

これも足した上で、インナーブランやお風呂でのケア商品を検討していきましょう。

結局、毎日の習慣が大事となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA