インナーブラン 徹底比較!

menu

インナーブラン デリケートゾーンミストの効果は?

デリケートゾーンの臭いに弱酸性に石鹸と言われる理由は?効くの?

デリケートゾーンの臭いというのは女性なら誰もが一回くらいは気にしたことがあるのではないでしょうか。
女性は生理などもありますし、おりものも排出されますから、全く無臭という事はありません。
もちろん、きれいに洗浄された状態であれば匂いもわずかなものなのですが、口臭と同じように洗浄してから数時間経過して状態ですと異臭に変わってしまうものなのです。
こういった症状を改善するためにはどうしたらよいのでしょうか。

デリケートゾーンの臭いに弱酸性に石鹸はいいのか

デリケートゾーンの臭いを改善する為には、常にデリケートゾーン付近をきれいにしておく必要がありますし、洗浄しすぎても返ってデリケートゾーンにはよくないこともあります。例えば肌にやさしい石鹸としてよく利用されているのが弱酸性石鹸です。しかし、弱酸性石鹸だからといって、必ずしもデリケートゾーンに良いのでしょうか。

もちろん肌には優しいのですが、特にデリケートゾーンにおいては通常の弱酸性石鹸ではうまく洗浄できないばかりかトラブルが発生してしまうこともあります。市販品の弱酸性石鹸はデリケートゾーンには適しません。

弱酸性石鹸は種類がありメリットやデメリットも存在する

理由は同じ石鹸でもPHが大きく違うからです。デリケートゾーンのpHの値というのは一般的な弱酸性石鹸とは全く異なるのです。pHというのは酸性かアルカリ性かに傾くいわゆる値のようなものなのですが、この値が弱酸性石鹸の種類によって大きく違うことが分かります。例えばpHの数字の大きい弱酸性の石鹸を使い続けると、匂いが発生してしまうばかりか菌が繁殖してしまい、かゆみなどのトラブルに見舞われてしまうと事さえもあるのです。

デリケートゾーン専用の弱酸性石鹸なら臭いトラブルも解消できる

特に生理中などはデリケートゾーンの臭いに悩まされる時期でもあるのですが、このような場合でもきちんと洗浄するという、お手入れ方法だけは続けなければなりません。間違った弱酸性の石鹸を使うと沁みてしまうという現象が起こってしまうこともありますし、臭いがさらに激しくなってしまうということもありえます。

最近ではデリケートゾーン専用の洗浄剤も販売されるようになりました。こちらは安定したpHの洗浄剤でありながら、さらに女性の体臭を取り去ってくれる成分も配合されているのです。一般的な弱酸性石鹸とは全く異なります。

デリケートゾーンの臭いを取れると気分も明るくなる

このようにデリケートゾーンの発生原因というのは、 pHが安定しないことにあります。デリケートゾーンのpHの値は健康体であれば5前後だといわれています。このpHにあわせたデリケートゾーン専用の洗浄剤もネットショップなどで簡単に購入することができるのです。

臭いの問題は自分が嫌な臭いに悩まされるばかりではなく、周囲に気付かれないか、あるいは痒み等が発生し困ってしまう異性との関係もぎくしゃくしてしまう等嫌なトラブルもありますから、しっかり対処しておきましょう。

まとめ

女性のデリケートゾーンの臭いとは本当に嫌なものではあるのですが、その対策方法も実に簡単なものです。今まで従来の石鹸を使っていた方は、そちらにシフトすることによって嫌な臭いから簡単に脱却することができるのです。

まとめとしましては、
専用の弱酸性石鹸はそれなりに効果があります。
成分を確認する必要もありますが、最新のものでしたら、PHなど考慮されて作られているものが多いです。

しかし、それはあくまで洗浄して数時間の効果であります。
次の日のお風呂前まで、安心でい続けられる、というわけではないことをご了承ください。

毎日のお手入れとして、デリケートゾーンの洗浄はもちろん必要で、専用のものだとbetter。
それプラス、インナーブランのような、直前にシュっとひとふりで効果があるものも携帯しておくと
Goodです。

>>インナーブランの効果は?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA