インナーブラン 徹底比較!

menu

インナーブラン デリケートゾーンミストの効果は?

インナーブラン(デリケートゾーン用ミスト)の効果と悪い口コミから分かるアノ特徴!

インナーブラン(デリケートゾーン用ミスト)の効果についてズバリお伝えしていきます。

正直に言いまして、この記事は31歳の男が書いています。
「キモっ!」と思って閉じようとしたあなた。あと4行だけ読んでください。

女性の場合は「こうであろう」という主観的なことしか書けません。
しかし、実際男性だと客観的に感じたことを書けるのです。
実際、私はこのインナーブランを購入し、自分の彼女にも試しましたし、
インタビューで男にも女にも本音をインタビューしました。

なので、客観的に、かつ、1人の意見ではないものが書けます。
自己陶酔で終わってる記事にはならないことだけはお約束します。

さて、それでは順にインナーブランについてその効果についてお伝えしていきましょう。
まずは理屈的な方面から、そこに矛盾はないか?めちゃくちゃな素材を使ってないか?副作用は?など

そして、実際試してみて、どうなのか?
さあ、見ていきましょう。

インナーブラン(デリケートゾーン用ミスト)の効果を知る前に…

実際、男性はあなたのデリケートゾーンをこう思っている!
以下は最初が僕で、あとはクラウドソージングで募集した一般男性の意見を集約したものです。詳しくは右サイドバーの、に載せています。

正直引きましたが、うまくごまかしました
許容範囲の臭いと、無理なレベルな臭いがある
すごい美人でケアもしているはずなのに、あそこだけは臭くて無理
さすがにしたくなくなった
相手に伝えるか?いや出来ないな
きっっっついな。という感じでした笑
正直、かなりショックで頭が真っ白になりました
海鮮丼のような鼻につく香りで萎えました
香水はNG。無臭が理想だが…

これが男性の生の声です。
人それぞれ体質があるとは思いますが、こういう生の声を聞くと怖くなりますよね。
普通は気を遣って言いませんからね。

テレビで見たことあるのですが、人間が一番傷つく言葉は「臭い」ということらしいです。(なんの番組か忘れましたが…)
だから常識ある人なら「言えない」んですよね…。

デリケートゾーンの臭いの原因は何?

僕も体験してきましたが、人によって臭いの差がかなりありました。
僕の体験は4名ですが、見た目とは全く関係なく、すごくきれいだけど、服着てる段階から臭うタイプの人、
全く無臭の人、するときに臭う人、いました。

もう個性ですよね。

でもやっぱり、キツイのは「服着てる段階から臭うタイプの人」ですね。「あれ?」と思っちゃいますもん。
服を脱いだらもっとなの?と。

で、デリケートゾーンの原因を調べるとざっと以下の4つと言えます。

1、不衛生だから雑菌増殖して臭う

2、アポクリン汗腺で、スソワキガの場合

3、洗いすぎが原因のこともある

4、摩擦による、バリア機能の欠如

といったものがあります。1つずつ見ていきましょう。

 

1、不衛生だから雑菌増殖して臭う

これはいい加減な人にありがちです。男でも同じ。
おしっこ一滴もつかない様に気を遣っている人と、「ちょっとくらい分からないよ」くらいのいい加減な人だと断然違います。
不衛生な習慣→雑菌が増殖しやすい環境の常態化→臭いのが当たり前

このパターンが一番か2番目に多いと個人的には思っています。

2、アポクリン汗腺で、スソワキガの場合

これは推測ですが、服着てても臭う人は、スソワキガなんじゃないかと思います。
つまりはあそこのワキガということです。
これはアポクリン汗腺の問題で、手術をしなければ治らないレベルです。

アポクリン汗腺自体誰にでもあるのですが、99%水分、1%が塩分や尿素、アンモニアなどの栄養分が含まれていて
それが皮膚の常在菌におって分解されるときに臭いを発します。

誰にでも起こる現象ですが、このアポクリン腺の数や大きさによってワキガの臭いを発すると言われています。

この場合は、根本治療は専門家に預けるしかないので、ミストなどで、その場しのぎの対策をする必要があると僕は思います。

3、洗いすぎ

完璧主義の人ってそうですよね。
実際、乾燥肌の人が石鹸を週に1回だけで、あとはお湯で良く洗うようにしたら乾燥が治ったという話もあり、一部ではやっています。(誰にでも効果があるとは言いませんが)
つまり、人間の体は必要があって、脂が出たり、臭いが出たりしているわけです。
それを極端に洗いすぎることによって、より脂が出ようとしてしまう、という仕組み分かりますかね?

身体の内部から言わせれば「必要な脂を出したのに、もう流されてしまった!もっと脂を出さなければ!」となってしまうのです。

洗いすぎによって、常在菌や保護していた良い菌までころしてしまいます。
なので過剰なことはしすぎない方がいいのです。

実際、僕なんかも、肌のお手入れとかは、こだわっていた時期よりも、最低限のルールだけ決めて余計なことをしなくなった方が
非常に良い感じになりました。これは彼女も同じことを言っていました。
こだわり過ぎて、元の形を壊してしまうことは、思春期の人とかによくあることです。

4、摩擦による、バリア機能の欠如

これは3と同じ理屈です。
摩擦によってバリアしているものを壊すようなことがないように、良い感じでフィットするものを選びましょう。

インナーブランの成分は?

では、そんな常に100%清潔にはなりえない、デリケートゾーンを臭くない状態にするためにはどうしたらいいのでしょうか?

それはやはり、デリケートゾーン商品の成分にあると言えます。

そんなデリケートゾーンに関する消臭製品はそれなりに市場には出回っています。
私もかなりの数知っていますが、いったいどういったものがいいのか?

まずはインナーブランの成分について見ていきましょう。

・消臭成分IPMP
・ジャウム成分(茶エキス・カンゾウ・白樺・イチョウなど)

そして、余計なものは入っていません。
紫外線吸収剤・酸化防止剤・サルフェート・鉱物油・シリコン・合成着色料・パラベン
ということで、デリケートな部分だけに副作用を気を遣い7つの無添加をお約束しています。

上記の聞きなれない2つの成分について深堀してみていきましょう。

▶消臭成分IPMPとは?

IPMPとはけっこうその業界では有名で、薬用石けんや液体歯磨き、歯磨き、デオドラントスプレーなど身近なものでも使われています。
いわゆる「殺菌剤」といっていいでしょう。

有名なものとしては「キレイキレイ」に入っている成分で、
キレイキレイでも説明として、「殺菌し、バイ菌から守る」と説明されているものです。

▶茶エキス

美肌効果・保湿効果に優れた成分が含まれていて、中でもカテキンは有名ですよね。
タミンEの約20倍もの抗酸化作用があり、殺菌成分に含まれます。緑茶で歯磨きする人もいるくらいですからね。

▶カンゾウ

カンゾウは別名リコリスとも言われます。漢字表記で「甘草」
止血効果などがあります。

▶白樺

白樺エキスというのは、最近美容液によく入れられるもので大変美容効果が高いものとして有名になりつつあります。
ビタミンC、タンニン、サポニン、フラボノイドなど、美肌に対して効果的なものが入っていて、
保湿や、角質正常化の効果があると言われます。

▶イチョウ

血流改善や抗酸化作用が期待できるものとなります。
基本的にはお肌を正常な状態に保つ、というものとしてとらえていいでしょう。

これらはジャウムに含まれるものですが
最近でてきた言葉「ジャウム」は本当に女性にとってダイエット・美肌目的まで万能薬としてのイメージがあるものになっています。

インドネシアで1000年前ごろから伝わり、様々なレシピとして伝えられてきたものとして有名で
ホルモンバランス調整や血流改善、体臭改善の薬物として親しまれています。

いまやジャウム商品はポピュラーになりつつありますね。
以下は別商品ですが、ジャウムについての理解になると思いますので紹介します。


副作用はない?

副作用は絶対ないとは、どんな商品においても言い切れません。
何かしらの成分に反応するのは、個々の性質によりますので、100%というのはないのですが
インナーブランは、7つの無添加で、基本的に自然由来の成分を使用しておりまして、アレルギー成分もないので
99%の人が問題ないと言えるのではないでしょうか?

特に副作用の報告は今のところ聞かれません。

インナーブラン理屈上の効果は?

インナーブランの理屈上の効果として、宣伝でも扱われているように
24時間効く、というものです。

これは実際に汗を流してしまったら流れるといったこともありますが、成分がとどまり続ければその可能性はあります。
実際に、試した結果、僕や、他の女性3人、男性2人の感想としては以下となります。

・人工的な臭いでなく自然素材の臭い
・好意を邪魔するような、香水的な匂いではない
・ある程度の汗では臭くなることはない
・アンモニア臭なら中和出来る
・半日~1日、無臭に近い状態になれる

 

心配な点は?

心配な点はないでしょうか?

それは人によって、匂いがどれだけ持続するかというところでしょう。
僕の方で試した結果は以下。

条件:いつも通り仕事をする

結果:

女性A
「もちろんシュッとした瞬間が一番効果が高くそこからだんだんと落ちていきますが、結局夜のお風呂前までジャウムの香りは残っていましたよ」
女性B
「効果は直後が一番高い。衣服に残っているのもあり、夕方、夜も特に気になるくさい臭いはない。だんだん効果は薄れていくのはわかるけど、お風呂入るまで効果が持続しているのはわかった」
女性C
「電車通勤・夏の終わりということで、かなり汗をかきました。体質にもよると思いますが、下着に臭いがうっすらと残っていました。それが汗とかを中和している感じはしますね。やはり時間が経つほどに効果は下がっていきはするので、大事な場面ではあらかじめトイレなどでシュってしておけば、3,4時間はかなり高い効果と言えるでしょう。」

実際に試してみた人の悪い口コミと効果

さすがに35度越えの暑さの中で汗かきまくって流れてしまった
もっと強いのでごまかしてほしかったので、弱い感じはする
自然にこだわっていて、強いものではない

 

実際に試して見た人の良い口コミと効果

携帯できるので、シュッと出来るタイミングさえうまく持てればgood
いかにも!みたいな臭いじゃなくて、自然に無臭に近い感じにしてくれるのがいい
意外と効果が長続きする
彼が求めてくれるようになった
回数が明らかに増えた。これのおかげかな
強い刺激臭とかしなくてわざとらしくないのがいい
今まで避けられたのが分かるくらい求められるようになった
やっぱり臭いって大事だなと痛感

これらのことから、悪い口コミ書いた人は、求めていたものが、「強いにおいでごまかしてくれる」ものというのが分かります。
確かにインナーブランは強い刺激臭的なものではないんですね。自然素材なので、明らかに人工、みたいな臭いはしません。
なので「臭いをごまかす」というよりは「無臭に近づける」みたいな感覚に近いです。

強いにおいでごまかしたかったら、香水かければいいんですよね。シャネルのチャンスとかでごまかせばいいんです…。
しかし、それだと逆に臭いですよね。僕なら絶対いやですわ。

私が実際に試してみた感想と効果

今の彼女自体そんなに臭わないタイプではあるのですが、お風呂直後にシュっとして24時間試してみました。

・直後、もちろんお風呂直後というのもあり、無臭
・寝る前、その人の体臭は出始める。インナーブランは自然と馴染んでいる感じ
・朝起きた直後、まだインナーブランと体臭が馴染んでいる感じがする
・昼間、効果は落ちているが、まあくさくはない
・夕方、効果は昼よりも落ちているが、ジャウムの香りが継続しているのは分かる
・夜、効果はさらに落ちているがジャウムはある

だんだんと体臭が勝ってくる、という感じはしますが、夜まで効いているのは分かります。
やはり体臭キツイ人は、直前にシュっとした方がよりよいでしょう。

まとめ

インナーブランの宣伝にも書いてありますように、
日頃の手入れはもちろん大事なのですが
いざという時に、「携帯しているミスト」は大事です。

「ちょっとトイレに」といってシュッとひと吹きで効果のあるもので、良質なものを携帯しておけば困りません。
お風呂で対策するものについてはどうしても個人差があり
次の夕方までには全く効果がないものがほとんどです。

そうであれば、お風呂での対策は、即効性や短期的な対策としては不向きです。
気にする方であれば確実に携帯して即効性のあるものは必要です。

「準備」のために、今から是非備えておくのはいかがでしょうか。